メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅2017感想文

 今年の「メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅」は、8月29日から現地で10日間、6つのNGOを訪ねました。今年は学生だけでなく、社会人も3名参加しました。加えて、現地に長く生活した経験を持つ母娘の参加もあり、日本人のあいだでも様々な視点からモノをみる機会が生まれました。

というわけで、参加したみなさんの感想文をいくつか、今月号から3回に渡ってご紹介します。 

 [訪問先NGOと参加した活動

プロ・ニーニョス・デ・ラ・カジェ(ストリートエデュケーションとデイセンター)

カサ・アリアンサ・メヒコ(ストリートエデュケーションとデイセンター、男子&女子定住ホーム)

オガーレス・プロビデンシア(路上訪問と男子&女子定住ホーム、ピクニック)

コムニダーデス・エドゥカティーバス・ポル・ラ・パス(貧困層の子ども・若者に、平和と共生、人権意識を広めるために実施するサーカス教室)

オリン・シワツィン(都市貧困層の子どものための保育所と親への支援)

カウセ・シウダダーノ(都市貧困層の子どもや若者のためのコミュニティセンター)

大野麻衣(高校生)
 今回、私は以前に約3年間住んでいたメキシコシティで初めて、路上で暮らす子どもたちと関わりました。(現在は、日本の高校に通う。)今まではストリートチルドレンを見かけたとしても、近寄ることはなく、通りすぎていました。私が持っていた彼らの印象は悪く、「教育を受けていない、常識を知らない汚い人たち」というようなイメージでした。しかし、このツアーを通じて、私は間違っていたことに気づきました。

 ツアー中、メキシコに住んでいる頃に頻繁に行っていた場所を訪れました。住んでいた当時は、家族と外食しに行ったり、父と自転車に乗ったりしていました。しかし、今回はその路上に住んでいる、私と同じくらいの年齢の子たちと会話をしたり、サッカーをしたりしました。最初はどのように会話をすれば良いのか戸惑いましたが、NGO「カサ・アリアンサ」の方々が会話をリードしてくださり、彼らとの距離が縮まりました。彼らは、積極的にツアーの参加者に日本について質問をしてきたり、自分たちが知っている日本語を私たちに教えてくれたりしました。教育を正しく受けてないので、日本自体を把握してないだろうと、今まで思っていました。しかし、彼らは私がこれまでに関わったメキシコ人以上に、とても日本に興味があり、日本について知りたいという気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったです。

 「カサ・アリアンサ」のプレ・コムニダ(デイセンター)で働くスタッフ(主にストリートエデュケーター)の方々は、みんな笑顔で子どもたちと接していました。シンナーやドラッグを吸っていたりしていて、情緒不安定になる子どももいるなか、彼らは子どもたちに安心して信頼してもらえように、一生懸命働いていました。

 失業している時に「カサ・アリアンサ」に雇用され、働きはじめた時はストリートチルドレン支援に対して強い意志は持っていなかったという方も、今は子どもたちが安心して健全な生活をしていることが幸せなことだと、働きがいをとても感じていることを教えてくれました。スタッフの皆さんは、ペアで毎日路上へ行き、そこの子どもたちと何気ない会話からはじめ、信頼を得たのちには、施設に通うよう勧めているとのこと。子どもたちと信頼関係を築くために、彼らの趣味などに合わせて活動を考えており、私たちと共に行動したエデュケーターは、チェスやサッカーを通して子どもたちと仲良くなった、と教えてくれました。最初は心をひらいてくれなかったけれど、共通の話題や時間を作ることによって、壁を壊していったのだそうです。このような地道なひたむきな努力に、私はとても感激しました。

 1日だけの参加でしたが、ツアーを通して、私は路上の子どもたちの素顔を知ることができたように思います。彼らは純粋で、私の友人たちと変わりのない普通の子どものように感じました。路上という厳しい環境に住む子どもたちが、路上生活を自分の意志でやめ、健全な生活を送れるようになるために、また路上生活を余儀なくされる子どもをできるかぎりなくしていくために、私たちは何ができるのか、深く考えさせられた有意義な経験となりました。

深野真広(大学生)
 陽気なラテン音楽、道を行く褐色の肌の人々、道路脇にはタコス屋らしきものが軒を連ねている。空港からホテルまでの道中に眺めた、メキシコの光景は、日本にいるときから思い描いていたメキシコのイメージと、さほど変わらなかった。今回、私がメキシコを訪れた理由は、多くの参加者のように、大学の授業の一環での参加であったり、スペイン語を学び、その理解をさらに深めるためであったり、ストリートに暮らす子どもたちの実情を知り、彼らのために何かをしたいと思うような大した理由ではなく、「メキシコに行きたい。訪れてみたかった」という、ほかの参加者の方々の参加理由からすれば、不純なのかもしれないものであった。そんな理由から参加したからなのか、私の眼には、メキシコの町は最初、ただただ綺麗で楽しそうにしか映らなかった。今回のツアーでの訪問対象である「ストリートチルドレン」に関しても、カンボジアで出会ったストリートチルドレンのように、ただ単に家に居たくない、帰りたくないから路上暮らしをしているのだろうかと、勝手に想像をめぐらしていた。そんな想像は、ストリートに暮らす彼らに出会い、彼らの話を聞いて、崩れ去っていった。

 ストリートエデュケーターに連れられてメキシコのストリートに出かけた時のことは、鮮明に記憶に残っている。それほど衝撃的だったのである。空港からホテルまでの道すがら見たストリートの華やかさとはうってかわって、どんよりと薄暗く、道端にはシンナーやマリファナを吸っている大人たちがたむろし、治安の悪さを感じさせる風景であった。子どもらしい子どもは見当たらず、大人しかいなかったのが印象的だった。というのも私の中では、カンボジアのように、ストリートには子どもたちが沢山いることを想像していたからである。

 そんなことを考えて、ストリートを歩いていると、一人の男性が話しかけてきた。彼は元々「カサ・アリアンサ」の施設に居たらしく、「カサ・アリアンサ」の歴史を話してくれた。彼は気のいい、優しい人だったのだが、彼もまたシンナーを吸っていたことは、メキシコが麻薬大国であることを痛感させる出来事であった。幸か不幸か、今回のツアーの中で、私がストリートで暮らす子どもを見かけること、彼らの話を聞くことは、なかった。ストリートに住む子どもたちがこのような麻薬と暴力の中で日々生活し、日々心身ともに傷つき、やがて彼らも大人たちと同様に、麻薬と暴力の世界に身を置くのかと思うと、そうした環境下で育っていない私には、そんな子どもたちにかける言葉を見つけることはできなかっただろう。

今回のツアーを通して一つの発見があった。それは、どんなに過酷な環境に置かれた子どもたちでも、ゲームやサッカーで無邪気に遊んでいる時の笑顔は、全世界共通で可愛らしく、愛おしいものなのだと言うことだ。

 それを教えてくれたのは、NGO「オガーレス・プロビデンシア」の子どもたちだった。子どもたちはストリートの生活から抜け出すために「オガーレス・プロビデンシア」の定住ホームに来た。そんな彼らとの土曜日の遠足は、実に楽しかった。その一言にすべてが集約される気がする。子どもたちは、公園の中を走りまわり、思い思いの遊びをしていた。そんな光景を見ていると、私は彼らがストリートで生まれ育ったことを忘れていた。子どもは伸び伸びと何の壁もないところにいるのが、本来の姿なのだと思わされた。その「オガーレス・プロビデンシア」には、子どもたちから父親のように慕われ、また、子どもたちに本当の父親のように愛情を注ぐマリオ(プログラム・ディレクター)が居た。私はマリオの人柄に非常に惹かれた。マリオのような父親がいるから、「オガーレス・プロビデンシア」の子どもたちは、笑顔で暗い過去を笑い飛ばせるのだろうなと、私は強く思った。

 今回のツアーでお世話になった「カサ・アリアンサ・メヒコ」、「オガーレス・プロビデンシア」、「プロ・ニーニョス・デ・ラ・カジェ」、「コムニダーデス・エドゥカティーバス・ポル・ラ・パス」、「カウセ・シウダダーノ」、「オリン・シワツィン」の方々、ストリートで出会った方々、あなた方のこの先歩む道に幸福があらんことを、そして子どもの笑顔が絶えることのないように祈っています。

 最後になりますが、今回ツアーの案内役だった律子さん、篠田さん、本当にありがとうございました。

(2017年9月発行のニュースレターNo273より)

 

ラップミュージクで表現する その2

〜NGO「カウセ・シウダダーノ」の取り組みから〜

共同代表・松本裕美

QUIERO CAMINAR(自由に歩きたい)

ほかの国に居場所を変えたい?

お前自身が変わってみれば!?

歩きたい安心して町を歩きたい

想像したい俺の手でそんな町にできることを

想像したい安心して歩ける町を

状況を変えるには俺自身が変わらなきゃ

俺はひるまず歩いていくだがメガネが必要だ

お前が何を感じているか知るために

危険はお前の背後にあり夜の悪魔が剣で襲う

無神経な人間たちはそこここにいて

ほかの奴らの恐怖を糧に生きてる

俺もそんなに変わらないこの辺りじゃ皆そうだ

毎日ニュースになる何百という死者

ここじゃ働く者より殺し屋の方が稼ぐ

ひどい給料のしみったれた仕事ばかり

だからこの辺りじゃ暴力が幅を利かせてる

事は銃弾と勢力図ひとつで決まる

状況はそのまま受け入れられ変わることがない

若者は皆ヤクに明け暮れ

武器が会社に代わって暮らしを与える

生活が道を決め

人生がサプライズを運んでくる

リフレイン

あたしは今日もいつものように歩き続ける

あたしたちを苦しめる悪を見つめながら

あたしたちの夢を殺し奪い去り歌を血で染める悪を

新聞で何千という罪のない人たちが

裏通りで殺されていく現実を見ても

お前はただ傍観しながら

このくそったれと言うだけ

気分を言ってる場合じゃなく行動しなきゃいけないのに

むろんそれが現実さ

俺たちは虐げられているからほかの国へ行こうとする

何人大統領が変わっても俺たちはどん底から抜けられない

解決策を見つけたくてもイエローページには載ってない

ほかの奴らを信じるよりお前自身を信じろよ

頭を耕し大きな人間になり

ほかの奴らに教えるんだ変化が生まれる日のために

誰のためにやるかなんてもう気にするな

 私自身メキシコで外を歩く時には、常に緊張感をもつ。日本では考えられないことだが、メキシコで生まれ育った友人たちも皆、用心しながら生活している。ここ数年、メキシコ州に住む友人たちの身の回りにも、物騒なことが起きている。メキシコ北部や一定の地域を巻き込み、多くの被害者を出し続けている暴力の波は、今やメキシコのいたるところに侵食している。なぜそんな状態になっているのか、この状態を変えようと行動している人たちについては、工藤律子さんの新刊『マフィア国家』で詳しく紹介されているので、そちらを見ていただきたい。

 今回紹介したラップは、青少年コミュニティセンター「カウセ・シウダダーノ」に集まってきた若者たちによって創られたCD“Rango Jaguar”に収められている一曲で、彼らが生きている社会を伝えるものになっている。「カウセ・シウダダーノ」のスタッフから聞いた話によると、センターがある地域は、一歩道をまたげば薬物や武器の売買がされているとのことだ。身近にはびこる暴力、あまりにもひどいことが多い社会の中、恐怖もあるが、国家はあてにならないから、自分たちが変革していく必要があると、若者たちが立ち上がり、その輪を広げていこうとしている力強いメッセージを感じる。

(2017年8月発行のニュースレターNo272より)