第14回フィリピン ストリートチルドレンと出会う旅24 参加者募集  

 マニラ首都圏で活動する現地NGOを訪ねて、その活動に触れ、子どもたちと出会い、 交流するなかで、路上に暮らす子どもたちの抱える問題とその背景を考える旅です。 出会いの中から生まれる思い、学びは、あなたの人生をより豊かにしてくれるでしょう。旅の案内人は、30年以上、メキシコやフィリピン、様々な国の都市の路上で暮らす子どもたちと関わってきたジャーナリストの工藤律子(「ストリートチルドレンを考える会」共同代表)と、フォトジャーナリストの篠田有史(「ストリートチルドレンを考える会」運営委員)です。

関心のある方は、お気軽にご相談ください
[問い合わせ]NGO「ストリートチルドレンを考える会」
 E-mailinfo@children-fn.com    

[期間] 2024年7月 7泊8日   
              ★現地宿泊施設集合・解散

[旅行代金] 92,000円(予定)   2人1部屋利用(人数によっては3人1部屋) *1人部屋の場合は追加料金 約1万円                  
 旅行代金に含まれるもの : 宿泊費、現地移動費、NGOでの6回の昼食費、NGOのエコツアー参加費、旅行手配料、通訳・コーディネーション経費。

[募集人数] 4~6人(最少催行人員4人)

[参加条件]「ストリートチルドレンを考える会」会員もしくは入会する者(入会費3000円)

[旅行企画・実施](株)エアーワールド (社)日本旅行業協会 正会員

[申込先](株)オルタナティブツアー
                    TEL:06-6409-4333 FAX:06-7635-8703           
                    E-mail:iwai@alternative-tour.jp

訪問する現地NGO(予定)] 詳しくはこちら→オルタナティブツアー
路上訪問を行い、デイセンターをはじめとする施設を運営する
NGO「カンルンガン・サ・エルマ・ミニストリー」
少年たちのための
定住施設とスラムのコミュニティセンターを運営する
NGO「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」
モーバイルユニット車両を用いた路上訪問と施設運営をする
NGO「バハイ・トゥルヤン」
パヤタス地区のゴミ集積場にある
フリースクール「パアララン・パンタオ」
路上訪問をするストリートエデュケーター派遣を中心に活動する
NGO「チャイルドホープ・フィリピン  

日程](未定)

旅の案内人]  工藤律子  篠田有史