01_hed_logo
メキシコ・スタディツアー:20回実施
フィリピン・スタディツアー:8回実施
  • 01_hed_tw_icon
  • 01_hed_fb_icon
  • お問い合わせフォーム
会窓口:〒112-0001 東京都文京区白山3-4-15 JULA出版局内
  • page1
  • page2
  • page3

01_movie__title

01_movie_steady_tour 01_movie_photogyalley
01_title_ivent_topics

初夏のチャリティ・ラテンパーティ  スライドショー メキシコシティの路上に生きる

私たちの会の運営委員の篠田有史が、19年前に撮影したメキシコシティの路上に生きる子どもたちの写真を紹介しながら、かつての路上の姿を振り返り、現在との違い、それが意味するところなどを、みなさんと一緒に考え、語り合います。スライドショーのあとは、いつものように運営委員メンバーによる手作りラテンディナーとワインで仲間との会話や新たな出会いを楽しみましょう。 
244

5 月28 日(土)JICA 地球ひろば10 周年記念感謝祭に出展します!

JICA 地球ひろばは、2006 年4 月に市民による国際協力を推進するための拠点として設立され、今年で10 周年を迎えます。
241

春のチャリティ・ラテンパーティ ☆ 子どもにとって絵本とは? 

「ストリートチルドレンを考える会」が1993年12月に設立されて以来、ずっとボランティアで会の窓口となり、活動を支えてくれている「ジュラ出版局(金子みすゞの本の出版で知られる)」。その代表、大村祐子さんが、なぜ「ストリートチルドレン」というテーマや私たちの活動に関わってきたのか、自身の「子どものための絵本」への思いと重ねながら、お話ししてくださいます。
239

日本とフィリピンを生きる子どもたち-ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン

日本人とフィリピン人の両親から生まれたジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン(JFC)。現在では、日本のなかでも芸能やスポーツ、さまざまな分野でJFCが活躍しています。一方フィリピンで生まれ、日本人の父親との関係が途切れ、日本から見えないところで育った子どもたちが少なくありません。彼らは父親、日本に対してどのような思いを抱き、どのように生きているのでしょうか。
235

総会&チャリティ・ラテン新年会!

2015年は、世界中で、人間世界が抱える不平等や不寛容の問題を私たちに突きつける出来事が、たくさん起きました。その裏には、持てる者のエゴが見え隠れしています。こんなときこそ、私たちは改めて、すべての子ども・おとなが手を取り合って生きられる世界を夢見ることを忘れず、その可能性を信じて行動していきたいと思います。みなさん、ぜひ2015年の総括と2016年の夢を語り合う場に、ご参加ください。楽しい企画と美味しいラテン料理を用意して、お待ちしています。
228

チャリティ・ラテンクリスマスパーティ!

今年最後のチャリティパーティです!みなさん、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。ふだんのパーティよりも早い時間帯に開きますので、子どももおとなも、みんなで楽しみましょう!
227

秋のチャリティ・ラテンパーティ /メキシコ・路上の子どもたち、彼らに寄り添うおとなたちと出会う

8月26日から9月5日までメキシコシティで実施された「ストリートチルドレンと出会う旅」の参加者が、路上の子どもたち、彼らを支えるNGOスタッフとの出会いを、お話しします。
222

三鷹国際交流フェスティバルに参加します!

昨年初めて参加し、メキシコのハマイカ水や民芸品、書籍を販売して好評だったので、今年も参加することになりました。
220

途上国の貧困問題と向き合う ~フィリピンでの体験より~

学生時代にフィリピンを訪れたのをきっかけに、途上国の貧困問題を深く考える ようになり、以来、フィリピンのスラムやゴミ山、路上を訪ねるようになった青年 が、「先進国のライフスタイル」、「国際協力の形」について考え、語ります。こ うした問題意識を持つみなさん、一緒に考えませんか? 後半はワンコインディナ ーで語り合いましょう。
217

真夏のチャリティ・ラテンパーティ〜 平和の心をはぐくむ〜

世界には今も、おとなの生み出した争いのせいで、平和な家庭や社会を奪われ、 路上など、不安と危険だらけの環境に生きる子どもが大勢います。そん な子どもたちが少しでも安心して暮せる世界を築くには、どうしたらいいのでしょう? ゲームを通して「平和」を考え、私たちが「平和な世界を創る」 ために今でき ることを考えます。
216

01_title_newsletter
245

メキシコ・自己りゅう学記 その1

メキシコに来て2ヵ月余りが経ちました。頭がおかしくなりそうなくらい楽しい日々を送っています
2016/06/21 11:55:58
243

Hikikomori = ひきこもり

僕は現実に向き合うことにしたよ だから可愛い子が来たらすぐにおしえてね                  by Quino 僕は現実に向き合うことにしたよ だから可愛い子が来たらすぐにおしえてね                  by Quino  これは、アルゼンチンの漫画家Quino(キノ)が描いた社会風刺漫画「マファルダ」の中に出てくるセリフ。そんなセリフを文頭に載せたひきこもりについての記事を、知人であるメキシコ人が書いている。
2016/05/28 08:17:00
240

こんな団体があります。IFCA

IFCAは、2012年7月に日本とアメリカの児童福祉を繋ぐ米国のNPO法人として、立ち上がりました。
2016/03/21 13:28:40
238

この本をお勧めします!工藤律子著「雇用なしで生きる」(岩波書店)

2016/03/18 13:45:06
237

チャリティ・ラテン新年会 友だちの輪

2016年最初のチャリティパーティであるラテン新年会は、古くからの会員のみなさんとの再会や新しいメンバー、メンバーの知人友人との交流で、にぎやかなひとときとなりました。
2016/03/11 20:48:42
236

映画紹介コーナー「風の波紋」

2016/03/11 20:31:47
233

NGOカウセ・シウダダーノ(Cauce Ciudadano.A.C.)を訪ねて

2016/01/30 11:32:37
232

秋のチャリティ・ラテンパーティに参加して思うこと

2016/01/30 11:11:26
231

この本をお勧めします! 「 日本とフィリピンを生きる子どもたち」ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン(あけび書房)野口和恵 著 

2016/01/30 11:04:28
230

メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅2015 参加者感想文2

2016/01/30 10:52:18
01_title_fb
01_title_tw
  • 会への入会・支援について
  • 支援募集中のプロジェクト
  • 講演会のご依頼&資料貸出
  • 関連書籍&DVD