第一次締め切り迫る! フィリピン・ストリートチルドレンと出会う旅 2020 

第一次締め切り1月28日(火)!
旅はすべての始まりです。
フィリピンの首都マニラとその周辺地域で、路上に生活している子どもたちやその家族、彼らを支える現地NGOのスタッフと出会う旅に出ませんか?
旅はあなたに、世界の子どもたちの現実をさまざまな角度からとらえ、私たち自身の現実と?役割、未来を考える機会を与えてくれるでしょう。
旅の案内人は、29年間「ストリートチルドレン」の取材を続ける、
開高健ノンフィクション受賞ジャーナリス トの工藤律子
フォトジャーナリストの篠田有史です。


●日程
 2020年3月2日(月)~9日(月)  ☆7泊8日
●旅行代金 2人1部屋利用 129,000円 + 燃油サーチャージ(2019年11月現在6,000円)
※人数の都合で3人部屋になることもあります。
ホテルはPension Natividad利用予定。  
☆旅行代金に含まれるもの
羽田~マニラ往復運賃(フィリピン航空利用予定)、空港使用料、空港税、旅客税、航空保険料、宿泊費、昼食6回、現地グループ移動費、現地NGOへの寄付、通訳・案内費。
※ほかの空港発着を希望される方はご相談下さい。
●旅行の同行・案内 添乗員はいませんが、案内役の篠田か工藤が、行きの羽田空港から帰りのマニラの空港の出発フロア入口まで同行、案内をします。
●定員 8名(申し込み先着順。最少催行人員6名)
●参加条件
・NGO「ストリートチルドレンを考える会」の会員または申込み時に会員になられる方(入会費3千円)で、帰国後、ニュースレターに旅の感想文を書いてくださる方。
●締め切り
定員に達ししだい、締め切り。*第一次締切は1月28日。
●詳細日程(予定)
  3/2(月)午後・羽田発  夜・マニラ着                (ホテル泊)
  /3(火)NGO訪問                    (ホテル泊)
  /4(水)NGO訪問                    (ホテル泊)
  /5(木)NGO訪問                 (ホテル泊)
  /6(金)NGO訪問                          (ホテル泊)
  /7(土)NGO訪問                         (ホテル泊)
  /8(日)ココナッツ・エコ・ツアー         (ホテル泊)
  /9()朝・マニラ発  午後・羽田着
●訪問する現地NGO(予定)
虐待や搾取の犠牲となっている子どもたちに避難場所を提供する
NGO「カンルンガン・サ・エルマ・ミニストリー」
路上訪問とデイセンターをはじめとする施設を運営する。
NGO「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」
モーバイルユニット車両を用いた路上訪問と施設運営をする
NGO「バハイ・トゥルヤン」
パヤタス地区のゴミ集積場にある
フリースクール「パアララン・パンタオ」
 路上訪問をするストリートエデュケーター派遣を中心に活動する
NGO「チャイルドホープ・フィリピン」
●旅行呼びかけ
ジャーナリスト・工藤律子(ストリートチルドレンを考える会共同代表)
フォトジャーナリスト・篠田有史 (同会運営委員)

●お問合せ・お申し込み
(株)マイチケット
tel:03-3222-7800 または 06-4869-3444
fax:06-4869-5777
E-mail: info@myticket.jp
※会へのお問合せは、件名を「出会う旅」として
こちらへ → info@children-fn.com お気軽に。

メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅 2019 感想文

23回目となったツアーには、日本から大学生10人と社会人3人が参加したほかに、現地メキシコ在住の日本人女性2人も部分参加しました。実は、ほかにもキャンセル待ちの方や、現地在住でツアー出発直前に「参加したい」と連絡をくださった方がいらっしゃいましたが、人数が多くなりすぎるため、今回はお断りさせていただきました

現地では、例年と同様、次の5つのNGOを訪ね、子どもたちやスタッフとその活動に参加しました
[訪問先]
プロ・ニーニョス・デ・ラ・カジェ/ストリートエデュケーションとデイセンター
カサ・アリアンサ・メヒコ/ストリートエデュケーションとデイセンター、男子(難民少年を含む)&女子定住ホーム
オガーレス・プロビデンシア/乳幼児&男子&女子定住ホーム、ピクニック
オリン・シワツィン/都市貧困層の子どものための保育所と地域の人々の生活現場
カウセ・シウダダーノ/都市貧困層の子どもや若者のためのコミュニティセンター
ジョリア、ニーニャス・デ・ラ・カジェ/貧困家庭や路上生活の少女の定住ホーム、ホーム周辺の貧困家庭の子どもたちを対象にしたストリートエデュケーション

 先月号より、参加者の感想をご紹介しています。なお、今年のツアーを通して知った、子どもたちの現状や現地NGO の活動状況については、11月10日のツアー報告会にて、旅の案内人をつとめた共同代表の工藤律子が、詳しく報告します。

高木 千裕(大学生)
 中学生、高校生の時から世界の貧困層やキルギスの誘拐婚など、貧困問題、人権問題に興味があったが、ネットや本を通して知識を得るだけで、実際に現地へ行って行動することは難しかったので、今回のツアーを知り、是非参加したいと思った。

 ツアーに参加する前は、ストリートに住んでいる人たちは住む家もなく、教育も受けれず可哀想だ、という気持ちだった。が、現地ではまったく違った印象を受けた。

 施設の子どもたちはみんな人懐っこく、突然来た私たちを受け入れてくれて、とても嬉しかった反面、「この子たちは、どういった家庭状況で育ち、なぜこの施設にいるのだろうか」ということが気になった。子どもたちと会話をする中で、「誕生日はいつ?」、「お父さん、お母さんは何歳?」といった質問を受けたので、私も聞き返すと、「自分の誕生日はわからない、親がいないので知らない」と言った回答が返ってきた。聞いてはいけないことを聞いたかなと、私は気にしたが、子どもたちはあまり気にしていないようで、すぐに笑顔に戻った。まだ、中学校に上がる前の年齢の子たちなのに、自分の現状を受け入れていて、強いなと思った一方で、施設やストリートの子どもたちにとって、それが当たり前になっていることが悲しかった。

 施設で生活している子もストリートで生活している子も、「日本ってどんな国?日本では何を食べてるの?日本語で何て言うの?」など、たくさん質問してくれて、とても好奇心旺盛だった。家庭環境のせいで、学校に行き勉強する大切さを知らないだけで、この子たちがきちんと学校に通えるようになれば一人ひとりがすごく伸びるのではないかと感じた。「ストリートで生活している子たちは、教育を受ける大切さを知らないので、学校へ行きたいと思っていない」と、ストリートエデュケーターが言っていた。もし、私が今後、ボランティアに参加する機会があれば、子どもたちの持っている好奇心を大切にして、勉強の重要性を教えたいと思った。

 保育園を訪れた際には、一緒におままごとをしたが、お母さん役の子が子ども役の子にご飯をあげなかったり、言動がきつかったり、自分の家で起こっていることを真似ているのだと先生が言っていた。日頃の遊びの中にも、それぞれの家庭環境が現れるほど、子どもにとって親の言動の影響は大きいものであると実感した。

 また、元娼婦だった女性の話は、同じ女性としてとても悲しくなった。しかし、旦那さんと出会えたことで大学にも通えるようになり、子どももきちんと育てられるようになり、その旦那さんと出会えて本当に良かったと思う。娼婦の女性が旦那さんと出会ったり、ストリートチルドレンの子どもがエデュケーターと出会ったり、人との出会いは大切であることに気づくことができた。

 2週間のツアーの中で、施設で働いている職員の方たちやストリートエデュケーターの方たちを、私はすごく尊敬した。政治が変わらないとどうしようもない現実があり、現状を自分たちで変えていくことは非常に難しいのに、それ以上に子どもたちのことを考えて真摯に向き合っていた。

 このツアーは、私にとって、自分の生活以外の現状やこれからの将来を考える、とてもいい機会になった。残りの大学生活で自分にできることには、どんどんチャレンジしていきたいと思った。

杉野かなえ(大学生)
 メキシコですごした2週間弱は、貴重で有意義な時間でした。子どもたちとの活動や各施設の見学といった主なプログラム以外にも、現地で誕生日を祝っていただいたり、熱を出したり、台風の影響で飛行機が欠航になったりと、挙げればきりがないほどに内容てんこ盛りのツアーだったと思います。

 個人的な話になりますが、私は今年度、本来であれば4年生になる大学を休学しています。休学に至った経緯は割愛しますが、3年生が終わる頃の私は、いつも何かに追われているような気がして心身ともに疲れ果てており、「とにかく何もしたくない、何かしたくなるまで何もしない」と言っていました。学校から離れてしばらく経ち、久しぶりに「何かしたい」と活動することに意欲を感じることができたのが、このツアーに参加しようと決意したときでした。そういう意味でも、このツアーは私にとって、とても大きな意味を持つものになりました。

 現地でまず驚いたのは地下鉄の様子です。「早く乗らないと/降りないとドアが閉まる」の「早く」が冗談じゃなく「早く」て、おもしろいなと思いながらもドキドキしました。発車も停車もとにかくどこかに掴まっていないと立っていられないような荒さで、よろけて倒れそうになったところを傍にいた人が助けてくださったこともありました。背景がまったく異なるので単純に比較するのもおかしな話ですが、日本では大体、「よろけたら、ぶつかりそうになって(あるいはぶつかって)謝る」までがワンセットなので、「よろけたところを助けてもらってお礼を言う」流れは、新鮮かつ個人的に好ましいものでした。車内では、突然音楽が流れ始めたり、人が歌ったりギターを弾いたり、お菓子を売ったり、日本国内では都会でも田舎でも見られない光景が広がっていました。日が暮れる頃になって、地下鉄が帰宅ラッシュで大混雑していたときに、「都市部に稼ぎに来ている人たちが帰っていく」という話を伺いました。遠方から働きに出てくる貧困層の人々にとって、地下鉄やバスといった公共交通機関の運賃が安価なことは、ひとつのポイントになっていることを感じました。

 施設で一緒に活動した子どもたちは、みんな天真爛漫で、私たちに興味を持ち、言葉がじゅうぶん伝わらないにもかかわらず、交流を図ろうとしていました。自分としては、折り紙が子どもたちに好評だったことが驚きでした。以前、別の国で折り紙をしたときには、反応が微妙だったからです。喜んでもらえたのは単純に嬉しいことでした。ある男の子はハートが気に入ったようで、何度も何度も「教えて!」と私の肩を叩いていました。私はスペイン語がまったくわからなかったので、言葉を使ったコミュニケーションは、挨拶や簡単な自己紹介を除いて、すべて通訳していただくことになりましたが、子どもたちが全身で何かを伝えようとしている姿に、自分も真摯に向き合わなくては、と考えさせられました。期間中に私が覚えたスペイン語は、挨拶と1から5までの数字くらいですが、特に年少の子どもたちとは身体を動かす遊びを通して仲良くなることができました。

 路上からデイセンターに通う少年たちと家族について話し合ったとき、私たちとはまったく違う人生を送ってきたことが、明確にわかった気がしました。訪問する先々で様々なお話を伺い、彼らを取り巻く環境について想像してはいましたが、彼らの言葉を通して見えたバックグラウンドが、あまりにも生々しい温度を持っていて、戸惑ってしまいました。楽しそうに活動している姿は、あくまで彼らの一部でしかないことを、まざまざと見せつけられたように思ったのです。そして、改めて、私には彼らの気持ちを真に理解することはできないのだと感じ、涙が出そうでした。同時に、理解できなくても知ることをやめてはならない、見なかったことにしてはいけないと強く感じました。

 子どもは大人が守らなければならないけれど、その大人が子どもの頃に守ってもらえなかったとしたら、そのまま大きくなってしまったとしたら、身体だけが大きくなった子どもと同じなのだろうと思います。大人になりきれないまま、でも子どもではなくなってしまうことは、本人にとっても、またその先の子どもにとっても、避けるべきことです。少なくとも、今施設で活動ができている子どもたちには、施設での活動を通して、あるいは活動をきっかけにして、彼らなりに健やかに成長してほしいと思いました。そして、未だ路上での生活をしている子どもたちにも、活動の輪を広げていくことができればと思いました。

 今回、渡航前に取り立てて下準備などはしていませんでした。というのも、自分の中でこのツアーの第一目標は、子どもたちと真正面からコミュニケーションを取ることだったからです。私の性格からして、あまりに知識ばかりを詰めていくと、先入観 が邪魔をしてありのままの姿が見えないかもしれないという懸念がありました。結果的に、子どもたちと笑い合うことができてよかったと思います。言葉についてはもう少し努力すればよかったなと反省しています。

 ツアーを通して、実に多くの素敵な出会いがありました。大学の同期に再会したり、同郷の同期を見つけたりというおもしろい経験もできました。今回、メキシコで見て聞いて感じたことは、きれいに仕舞っておくのではなく、発信して、これから先、何らかの形で役立てていきたいと思います。

 最後になりますが、引率してくださった工藤さん、篠田さん、濃密な時間を共にした仲間たちへ、感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございました。

(2019年10月発行のニュースレターNo297より)