フィリピン/出会う旅2018いよいよ募集開始!

フィリピンの首都マニラとその周辺地域で、路上に生活している子どもたちやその家族、彼らを支える現地NGOのスタッフと出会う旅に出ませんか? 旅はあなたに、世界の子どもたちの現実をさまざまな角度からとらえ、私たち自身の現実と役割、未来を考える機会を与えてくれるでしょう。

旅の案内人は、27年間「ストリートチルドレン」の取材を続ける、ジャーナリス トの工藤律子とフォトジャーナリストの篠田有史です。

●日程 2018年3月1日(木)~3月8日(木)  ☆7泊8日
●費用 2人1部屋利用 126,000円 + 燃油サーチャージ(2017年11月現在4000円)※人数の都合で3人部屋になることもあります)
ホテルはPension Natividad利用予定。  
☆費用に含まれるもの
羽田~マニラ往復運賃(フィリピン航空利用予定)、空港使用料、空港税、宿泊費、昼食代6回分、現地でのグループ移動の交通費、現地NGOへの寄付、通訳・案内の経費。
※ほかの空港発着を希望される方はご相談下さい。
●旅行の同行・案内 添乗員はいませんが、案内役の篠田か工藤が、行きの羽田空港から帰りのマニラの空港の出発フロア入口まで同行、案内をします。
●定員 8名(申し込み先着順。最少催行人員6名)
●参加条件
・NGO「ストリートチルドレンを考える会」の会員または申込み時に会員になられる方(入会費3千円)で、帰国後、ニュースレターに旅の感想文を書いてくださる方。
●締め切り
定員に達ししだい、締め切り。*第一次締切は1月末頃。
●詳細日程(予定)
3/1(木)午後・羽田発  夜・マニラ着     (ホテル泊)
  /2(金)NGO訪問               (ホテル泊)
3/3(土)NGO訪問                         (ホテル泊)
  /4(日)ココナッツ・エコ・ツアー     (ホテル泊)
  /5(月)NGO訪問                      (ホテル泊)
  /6(火)NGO訪問                      (ホテル泊)
  /7(水)NGO訪問                (ホテル泊)
  /8(木)朝・マニラ発  午後・羽田着
●訪問する現地NGO(予定)
ストリートファミリーの子どもたちのためのデイセンターを運営する
★NGO「サルネリ・センター・フォー・ストリートチルドレン」
スラムヘの支援活動と施設運営をする
NGO「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」
モーバイルユニット車両を用いた路上訪問と施設運営をする
NGO「バハイ・トゥルヤン」
パヤタス地区のゴミ集積場にある
フリースクール「パアララン・パンタオ」
 路上訪問をするストリートエデュケーター派遣を中心に活動する
NGO「チャイルドホープ・エイジア・フィリピン」
●旅行呼びかけ
ジャーナリスト・工藤律子(ストリートチルドレンを考える会共同代表)
フォトジャーナリスト・篠田有史 (同会運営委員)
●お問合せ・お申し込み
(株)マイチケット
tel:03-3222-7800 または 06-4869-3444
fax:06-4869-5777
E-mail: info@myticket.jp
※会へのお問合せは、件名を「出会う旅」として
こちらへ → info@children-fn.com お気軽に。

メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅2017報告会

今年のメキシコ・スタディツアーが終了して、すでに2ヶ月半ほど経ちました。今回のツアーは、いつも大勢参加してくれる大学生だけでなく、マスコミや福祉現場で働く社会人、現地メキシコで生活する人など、多様な人たちがともに、そして互いに学ぶ旅となりました。そんな参加者の声をきき、現在のメキシコ、そして日本の子ども・若者たちが向き合っている現実を、みなさんといっしょに考えたいと思います。 
パーティの後半には、いつものように会運営委員メンバー手作りのラテンディナーを囲んだ交流も!みなさん、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。


日時   12月2日(土) 6:00PM〜9:00PM

場所   池袋/がんばれ!子供村2階
池袋駅から10分 https://www.kodomomura.com/access.html

参加費  1000円(高校生以下500円)
 *ワイン&ジュース&手作りラテンディナー&メキシコのNGOへの寄付を含む。

申込&問合せ   ストリートチルドレンを考える会 E-mail info@children-fn.com へ件名を「ツアー報告会」として。 
飲食物の準備の都合上、できるだけ事前にご予約ください。