フィリピン&メキシコと共に歩む2020キャンペーン継続中!

コロナ危機は、世界中で、特に社会的に弱い立場の人たちを追い詰めています。ストリートチルドレンやその家族、路上生活を抜け出す努力を続ける子ども・若者たち、それを支えるNGO、彼らは今、収入源を失ったり、財政状況の悪化した企業からの寄付が滞ったりと、これまで以上に厳しい状況におかれています。

私たちの会は、ボランティアのみで運営しているため、年会費3000円の約7割と会への寄付、チャリティイベント収益のすべてを、マニラ首都圏とメキシコシティでストリートチルドレンやその家族を支える現地NGO、計10団体へ寄付してきました。

今度のキャンペーンでは、さらに多くの寄付金を集め、危機的状況が続く各団体が必要な時に、できる限りの支援を届けていきたいと思います。

世界の誰もが辛い時だからこそ、これからも支え合い、共に歩みましょう!
※現地での支援状況は、ここで随時紹介していきます。  
 
☆振込はいつでも構いません。
 みなさんの連帯の寄付をお待ちしています。    

振込先  郵便振替 00180-4-718258 
       もしくは
     三井住友銀行 高田馬場支店(273) 普通3902932 
     口座名義 ストリートチルドレンを考える会
★郵便振替の場合は、通信欄に「共に歩む」とご記入ください。
★銀行振込の場合は、メールで「共に歩む」とご一報ください。info@children-fn.com

オンライン学習会/NGO「オリン・シワツィン」とは?

   メキシコシティ旧市街の一角に、露店商や元ストリートチルドレンなどを親にもつ子どもたちが通う保育園がある。運営するのは、NGO「オリン・シワツィン」だ。「オリン・シワツィン」 はコロナ禍のなかでもメキシコシティの子どもたちに居場所と食事を提供している。
 毎年訪問している共同代表・工藤律子とボランティアをした経験のある運営委員・角智春が、NGO「オリン・シワツィン」をスライドを交え紹介する。 

日時  7月18日(土) 午後6時~7時40分頃 
Zoomを使ってのオンライン報告会です。
午後5時50分くらいから入ることができます。 
 参加費   無料
申し込み   1人1通のメールに、氏名と「学習会参加」と書き、
info@children-fn.com  へ送信してください。
報告会の数日前にZoomに入るためのリンクをお送りします。