01_hed_logo
メキシコ・スタディツアー:20回実施
フィリピン・スタディツアー:8回実施
  • 01_hed_tw_icon
  • 01_hed_fb_icon
  • お問い合わせフォーム
会窓口:〒112-0001 東京都文京区白山3-4-15 JULA出版局内

ストリートチルドレンを考える会とは?(Q&A)

いつ、どうしてできたの?

A:1993年12月に設立されました。

私たちは、世界に1億人以上いるといわれる「ストリートチルドレン」とは、いったいどんな子どもたちなのか?くわしく知り、身のまわりの問題と合わせて考えることで、世界中の子どもたちの未来を考え、行動するひとの輪をつくろうと、活動しています。

どんな団体なの?

A:会は、ボランティアが運営する団体です。

窓口となる場所を提供するメンバーも、運営するメンバーも、すべてボランティアです。有給スタッフ(給料をもらって活動する人)はいません。事務所もありません。会員一人ひとりが、自分の意志で、自分にできる方法で、活動に参加しています。活動資金は、主に会費で支えられています。

どんな活動をしているの?

A:主に8つの活動をしています。

●学習会やセミナー

いろいろな国の子どもたちの状況を学んだり、子どもや子どもにかかわる問題を紹介したり、様々な人と交流する会を開いています。


●ニュースレター

毎月、ニュースレター「¡Vuela !(とんでごらん)」を発行し、世界の子どもたちに関する情報やイベントなどを、会員に紹介しています。


●ホームページ、メーリングリスト、Facebook、Twitter

ホームページ、メーリングリスト、Facebook、Twitterを使って、いろいろな情報を紹介したり、ひとびとの声を集めたり、質問を受けたりしています。


●海外のNGOへの支援

メキシコとフィリピンでストリートチルドレンを支援しているNGO(非政府組織、市民団体)を、寄付や訪問などを通して、応援しています。


●スタディツアー

会員が毎年、メキシコとフィリピンで、ストリートチルドレンやNGO施設に暮らす子どもたちと交流するスタディツアーを行っています。


●チャリティイベント

チャリティパーティ、ストリートチルドレンについて知るためのワークショップやイベント(学習会、講演会、写真展など)を開いています。


●資料の製作・貸出・販売

ストリートチルドレンに関する本、DVD、写真パネル、オリジナルすごろくなどを製作し、貸出や販売を行なっています。


●訪問学習の受け入れ・講演

「総合的な学習」による子どもたちの訪問や、出張講演も受けつけています。

sub_01_about_back03_photo
sub_02_Q&A_banne