01_hed_logo
メキシコ・スタディツアー:20回実施
フィリピン・スタディツアー:8回実施
  • 01_hed_tw_icon
  • 01_hed_fb_icon
  • お問い合わせフォーム
会窓口:〒112-0001 東京都文京区白山3-4-15 JULA出版局内

ニュースレター

私たちのクラウドファンディングREADYFORのプロジェクト 「路上生活を送る子どもたちを支えるストリートエデュケーターを育てたい」は今

2015/10/12 22:50:01 ニュースレター
221
ストリートチルドレンを考える会

 去る8月14日にマニラへと出発した日本人ボランティアの本田歩さん(福島高専4年生)は、無事に現地に到着し、さっそくストリートエデュケーターとともに路上活動を始めました。滞在先は、NGO「Childhope Asia Philippines」から紹介されたAsian Social Instituteで、同NGOのオフィスからも近く、アジア諸国からの学生が多く宿泊しているということで、新しい出会いに恵まれ、初日からエキサイティングな日々をすごしているそうです。これから少しずつ、その様子をお伝えできればと思います。

 彼女の出発前、7月31日にこのプロジェクトに寄付をくださった計25人のサポーターのみなさんに(一部の方はREADYFORのサイトからではなく、直接寄付を手渡してくださいました)、現地でNGO「Childhope Asia Philippines」のストリートエデュケーションを受けている子どもたちからのサンクスカードを発送しました。

 このサンクスカードをかいた子どもたちなかには、目的を勘違いして、サポーターではなくストリートエデュケーターにあてた文章をつづった子もいましたが、どの子も「ストリートエデュケーターといる時間が楽しい」ということを、一番たくさん書いているのが印象的でした。そこで、サンクスカードのメッセージの中から、ここでみなさんにもいくつかをご紹介したいと思います。

 

●ジョンくん

あなたの支援によって、たくさんの子どもたちが助けられたことに感謝しています。

ほかの子どもたちも感謝しています。どうか私たちのことを忘れないでください。

 

あなたに感謝しています。

あなたがここに来てくれたらいいなあ。

 

お兄さん、お姉さん、そしてストリートエデュケーターへ

私たちがよい人間になれるようにいろいろ助けてくれて、ありがとうございます。

あなたのおかげでいろんなことが身につきました。

 

●ジェニファーちゃん

ストリートエデュケーターと一緒にいるのが好きです。

ストリートエデュケーターと一緒のときはいつもうれしいです。

なぜならたくさんのことを教えてくれるからです。感謝しています。

 

そして家族にも感謝しています。私は今、小学6年生です。

 

友達にも感謝しています。けんかはしないようにしています。

 

ストリートエデュケーターに本当に本当に感謝しています。

 

●ニコ・ヒカップくん

ストリートエデュケーターと一緒のときはいつも楽しいです。

そしてストリートエデュケーターのセッションでは、たくさんのことを学びます。

 

寄付をしてくれたお兄さん、お姉さん、

私たちストリートチルドレンを助けてくれて、本当に本当にありがとうございました。愛しています。

 

ありがとう、そしてよいことがありますように。

 

感謝をこめて

 

●ジャババネリンくん

僕はストリートエデュケーターと一緒にいるのが好きです。

 

僕の夢はストリートエデュケーターになることです。夢は人を助けることです。

 

ストリートエデュケーターと「Childhope」にとても感謝しています。彼らがしてくれるすべてのことに、感謝しています。

自分のことを信じられない、何もできない子どもたちを助けてくれる人がいることは、とてもうれしいことです。彼らから多くのことを学びました。

 

僕は学校に行っていないけれども、希望を失っていません。「Childhope」とストリートエデュケーターに心から感謝しています。

 

●タニロセちゃん

私たちが行儀よく、やさしく、互いに助け合える子どもになるようにストリートエデュケーターが導いてくれることに、本当に感謝しています。

 

私たちがストリートチルドレンであっても助けてくれて、私たちが正直で教養のある人間になるように教えてくれることに、感謝しています。

 

ストリートエデュケーターが大好きです。本当にありがとうございます。

 

●ビエンくん

ストリートエデュケーター大好き!

 

ストリートデュケーターへ

私たちにやさしくしてくれて感謝しています。ずっと私たちを教え導いてくれますように。

 

僕たちがふざけても、許してくれますように。

ありがとうございます。

(2015年9月発行のニュースレターNo248より)