01_hed_logo
メキシコ・スタディツアー:20回実施
フィリピン・スタディツアー:8回実施
  • 01_hed_tw_icon
  • 01_hed_fb_icon
  • お問い合わせフォーム
会窓口:〒112-0001 東京都文京区白山3-4-15 JULA出版局内

スタディーツアー

フィリピン・ストリートチルドレンを考える旅

2015/01/14 13:23:08 スタディツアー
91
ストリートチルドレンを考える会

このツアーでは、マニラの「ストリートチルドレン」や農村の子どもたちとの交流を通して、これからの世界のあるべき姿をともに考えます。

旅の案内人は、23年間「ストリートチルドレン」の取材を続ける、ジャーナリストの工藤律子とフォトジャーナリストの篠田有史です。

 

 

日程 2013225日(月)~37日(木)

       ☆1011日(バス中泊1泊)

 

費用 2人1部屋利用 約150,000円(男女の人数バランス上、3人部屋になることもあります。)

☆費用に含まれるもの

成田~マニラの往復旅費(燃料サーチャージ含)と成田空港使用料、

宿泊費(ホテル7泊、民家2泊)、現地でのグループ移動の交通費 、

現地NGOへの謝礼、通訳・案内の経費。

※マニラ空港使用料は含みません。 

※関西空港発着を希望される方は、ご相談下さい。

 

参加条件 ☆NGO「ストリートチルドレンを考える会」の会員の方、もしくは申込みの際に会員になられる方(年会費は3000円です)。

☆軽いトレッキングができる方。

☆旅行後、「ストリートチルドレンを考える会」のニュースレター用に感想文を書いてくださる方。

 

●旅の同行添乗員はいませんが、案内役の篠田と工藤のどちらかもしくは両方が、行きの成田空港からと案内帰りのマニラの空港の国際線出発フロア入り口まで、旅に同行、案内をします。

 

●詳細日程(予定)

 

 2/25(月)成田発 午後6時  マニラ着 夜10時半   (ホテル泊)

 /26(火)NGO訪問                (ホテル泊)

 /27(水)NGO訪問。 夜 夜行バスでイフガオ州へ  (車中泊)

 /28(木)早朝 イフガオ州バナウェ着。バナウェにて休憩、

      世界遺産の棚田の視察・観光        (ホテル泊)

 3/1(金)朝バナウェをジプニーで出発。山道の徒歩約1時間

      昼過ぎに、棚田で暮らすアバタン村着  (ホームステイ)

 /2(土)アバタン村で生活             (ホームステイ)

   /3(日)午後1時頃アバタンを徒歩で出発。

      その後、ジプニーでバナウェへ         (ホテル泊)

   /4(月)朝7時過のバスで、マニラへ。午後5時頃着。(ホテル泊)

   /5(火)NGO訪問                 (ホテル泊)

   /6(水)NGO訪問                                  (ホテル泊)

 /7(木)マニラ発 朝8時 成田着 午後1時頃

 

 

訪問する現地NGO(予定)

★性的虐待を受けた少女のための施設

NGO「セラズ・センター・フォー・ガールズ」

★スラムヘの支援活動と施設運営をする

NGOパンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン

★モーバイルユニット車両を用いた路上訪問と施設運営をする

NGOバハイ・トゥルヤン

★パヤタス地区のゴミ集積場にある

フリースクールパアララン・パンタオ

 

 

 

 

定員     8名(申し込み先着順)

締め切り   満員になりしだい、締め切り。

●旅行呼びかけ ジャーナリスト・工藤律子

        フォトジャーナリスト・篠田有史

        

●お問合せ・お申し込み 当会(株)マイチケット(tel:03-3222-7800 または 06-4869-3444 )へお気軽にどうぞ。 

 チラシ表のダウンロードはこちらから。 

 チラシ裏のダウンロードはこちらから。 

           

●旅行企画・実施 エアーワールド(株)