☆メキシコ 出会う旅2018 新日程で二次募集開始!

第23回
メキシコ・ストリートチルドレンと出会う旅2018 リニューアル日程にて、二次募集開始!
お申し込みはお早め(7月24日まで)にお願いします


旅はすべての始まりです。
私たちと旅に出て、路上の子どもたちや彼らを支えるNGO(非政府組織)を訪ね、あなた自身と世界の子どもたちの未来を考えるための、新たな視点を見つけませんか?
旅の案内役は、28年間、メキシコの「ストリートチルドレン」とつきあい続ける、
ジャーナリストの工藤律子とフォトジャーナリストの篠田有史です。

日程
 8月28日(火)~9月8日(土) *9泊12日(帰国便は9月7日午前1時55分に現地を出発、成田到着は8日午前6時15分予定)

費用
 2人1部屋利用で 234,500円 + 燃油サーチャージ(7月時点で21,000円
(ホテルCityexpress Ciudad de Mexico Buenavista利用予定)
☆費用に含まれるもの 成田~メキシコシティの往復航空運賃(アエロメヒコ航空利用予定)と各空港施設使用料・空港税、宿泊費、朝食費及び現地NGOでの昼食費、現地でのグルー プ移動の交通費、通訳・案内の経費

旅の同行・案内
 添乗員はいませんが、案内役の篠田と工藤のどちらかもしくは両方が、行きの成田空港集合から、帰りのメキシコシティ空港チェックインまで、 同行します。

訪問先(予定)
NGO「プロ・ニーニョス・デ・ラ・カジェ」
 路上訪問と、路上暮らしの少年たちが来るデイセンターでの活動に参加する。
NGO 「カサ・アリアンサ・メヒコ」
 HIV-エイズ・性病予防や薬物依存予防のセミナーをはじめ、路上から来た子どもたちが暮らす施設のプログラムに参加する。
NGO 「ジョリア」
 路上暮らしの少女たちと貧困家庭の母子を支えるセンターの活動に参加する。
NGO「オガーレス・プロビデンシア」
 定住ホームに暮らし、自立を目指す子どもたちと交流する。
NGO 「オリン・シワツィン」
 旧市街に暮らす貧困層の女性と子ども、彼らを支援する人々を訪ね、問題の現実を知る。
NGO「カウセ・シウダダーノ」
 犯罪関与や薬物使用、路上生活に至るリスクの高い貧困層の子ども・若者に、非暴力や人権意識を育む機会やスキルアップのワークショップを提 供する。

定員
12名(最少催行人数10名)

参加条件
 ストリートチルドレンを考える会の会員の方、またはお申込みの際に会員になられる方(年会費3千円)で、帰国後、旅の感想文を書いてくださる方。

締め切り
 定員に達ししだい、締め切り。

旅行呼びかけ
NGO「ストリートチルドレンを考える会」
⭐️工藤律子(共同代表)
ジャーナリスト。大学院生時代から、スペイン語圏やフィリピンを中心に市民運動や貧困問題などを取材。著書は「仲間と誇りと夢と」(JULA 出版局)、「ストリートチルドレン」(岩波ジュニア新書)など多数。「マラス 暴力に支配される少年たち」(集英社)第14回開高健ノン フィクション賞受賞。 

⭐️篠田有史(運営委員)
フォトジャーナリスト。24才の時、1年の世界一周の旅に出る。旅の途中で写真家になる決意をする。以後、スペイン語圏を中心に取材をする。 「コロンブスの夢」(新潮社)「ドン・キホーテの世界をゆく」(論創社)「伊達侍と世界をゆく」(河北新報)などの写真を担当。91年から工藤と取材を始める。

お問合せ・お申し込み
(株)マイチケット  
http://myticket.jp/     
E-mail:info@myticket.jp
 tel:03-3222-7800 または 06-4869-3444
 fax:06-4869-5777
※会への問合せは、件名を「出会う旅」としてこちら(info@children-fn.com)へお気軽に。

※下記のチラシは、一次募集のものです。二次募集の料金と日程は、このチラシ内容とは異なり、上記の通りになります。

旅行企画・実施
 エアーワールド(株)

夏のチャリティ・パーティ&「あもーる あもれいら」上映会



7月のチャリティ・パーティでは、ブラジル在住の映画監督、岡村淳さんの映画「あもーる あもれいら」を上映します。舞台はブラジル南部・パラナ州の小さな町アモレイラ。貧しい家庭の子どもたちが通う保育園の1年間の記録です。当日は岡村監督も会場に来てくださり、映画にまつわるエピソードなどを語っていただきます。

映画を見たあとは、ラテン料理を食べながら、監督やほかの参加者との交流を楽しみましょう。     

日時  7月21日(土)6:00PM~9PM(5:30PM開場6PM上映開始)
場所  東京・池袋「がんばれ!子供村」2階 
参加費1000円(高校生以下500円)*学生は友だちと2人で1500円
プラス 岡村監督へのカンパ   
 *ワイン&ジュース&手作りラテンディナーを含む。
申込&  ストリートチルドレンを考える会
問合せ E-mail info@children-fn.com  件名を「上映会」として。
  ※飲食物の準備の都合上、できるだけ事前にご予約ください

★「あもーる あもれいら 第一部・イニシエーション」ミニ情報
  2007年制作 1時間34分 製作・構成・撮影・編集・報告:岡村淳

 ブラジル南部・パラナ州の奥地。大豆やサトウキビのプランテーションに囲まれた小さな田舎町・アモレイラ。町の貧しい家庭の子どもたちの世話をする保育園の1年を記録した。

 この保育園には、日本の長崎純心聖母会から派遣された4人のカトリックのシスターたちが奉仕活動をしている。2月、保育園の新学期が始まった。親元を離れるのを嫌がり、何人もの子どもたちが激しく泣き叫ぶ。保母たちの目を盗んで保育園を脱出する子が続出した。シスターに罵声を浴びせて、蹴りかかっている子どももいる。学級崩壊をもくろむ子どももいる。

 子どもたちの家庭で、両親がそろっているのは3分の1程度。貧困、病苦、失業、アルコール中毒、麻薬中毒、家庭内暴力、売春、性暴力。小さな子どもたちが抱えているトラウマは、計り知れない。

 神の愛を実践しようとするシスターたちに、次々と問題が生じていく。そんなある日、日本から3人の少女が転園してきた…